マカオの公用語は広東語、カジノやホテル以外では英語や中国語はあんまり通じない可能性大。

マカオって何語?

マカオって聞いたらなんとなくカジノのイメージはあると思いますが、何語を話しているのかって意外と知られていないですよね。単刀直入に言うと…広東語です。ちなみに広東語は香港や中国の一部の地域で話されている言語で、中国語とはかなり異なります。あとは、もともとポルトガルに統治されていた時代もあるので、街の表記はポルトガル語もよく見かけます。

英語は通じるの?

マカオの街中ではほとんど英語は通じません。ただマカオは英語教育が発達しているので、比較的若い人であれば英語が通じる場合も多いです。街中でどうしても何かを尋ねる必要が出てきた場合は若い人に声をかけてみましょう。また、有名な観光スポットやカジノ、ホテル内では英語を話せる人が多いので安心してください。

日本語を話せる人はいる?

残念ながらマカオで日本語を話せる人はほとんど見かけません。唯一見かけたのはホテルオークラマカオで、あちらのホテルは常時日本語を話せるスタッフがフロントにいるので、心配な方はホテルオークラに宿泊される事をおすすめします。

各スポットの言語を確認

空港

空港のスタッフだと英語を話せる人がちらほらいるという印象です。セキュリティのスタッフなどはフィリピン人だったりするので、万が一の場合はそういったスタッフに声を掛けてみるのも良いかもしれません。

タクシー・バス

タクシーやバスではほぼ英語は通じないと思ってください。タクシーで行き先を伝える時は広東語の住所をメモしておいて、それを渡すと良いでしょう。バスのアナウンスは広東語、中国語、英語、ポルトガル語で流れますが、運転手は広東語以外ほぼ話せない場合が多いです。

レストラン・カフェ

ホテルのレストランは8割くらいの確率で英語のメニューがあります。ただ、街中のレストランだと観光スポット周辺でない限りまり英語メニューを用意している所は多くないです。

ホテル

ホテルのスタッフは基本的に英語は話せます。

ショッピング

ガジノリゾート内のお店であれば基本的に英語は通じます。街中のスーパーなどではほとんど英語は通じないので、ご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です