【マカオホテル】COD(シティーオブドリームス)に7泊8日してみた。

‎Melco Resorts & EntertainmentのホテルグループCity of Dreamsの The Countdown というホテルに7泊8日で宿泊してきたので、レビューをしていきたいと思います。妻のMikiがマカオ人という事もあり毎年1回はマカオに帰省しているのですが、今回はMikiが身分証の更新があるという事で1週間休みを取ってマカオに行ってきました。

City of Dreamsの特徴まとめ

  • House of Dancing Water Showをやっているホテル
  • 1泊1万程度とかなりリーズナブル
  • 立地がとても良く、どこに行くのもアクセス抜群
  • 無料のジムも完備
  • 同じ建物の2階にスタバやレストランがある

エントランス

THE COUNT DOWN エントランス

City of Dreamsは全部で4つのホテルがあるのですが、今回宿泊したのは一番安い The Countdownです。入り口をくぐるとホテルの良い匂いが。おしゃれなカウンターでチェックインを済ませます。ちなみにカジノの上級会員だと専用のカウンターを使用する事ができます。一体いくらつぎ込んだら上級会員になるんでしょ。

ちなみにCODはもちろんカジノも併設しているのですが、パスポート一つで無料で会員証を作れて、施設内のレストラン等で割引を受けれるれるので、マカオのカジノリゾートに宿泊する場合は会員証を作るのがオススメ。

カウンターテーブル

カウンターテーブル

これはめっちゃ良かった。ちょっとした作業をするのにオススメなカウンターテーブルが付いていて、PC作業は基本こちらでやってました。フルーツの差し入れも美味しかったです。

ベッド&TV

ベッド

ベッドはキングサイズでかなりゆったり眠る事ができました。テレビは50チャンネルくらいあって日本語のチャンネルもいくつか、あとは香港のドラマとかバラエティとか。CNNやアメリカのニュース番組のチャンネルもありました。なぜか夜動物チャンネル毎日見てた。

お気に入りの椅子

この椅子がめっちゃ座り心地良くて、向きを窓向きにして、マカオのカジノ景色を見ながらパソコンかたかたしてました。

浴室、トイレ、洗面台、アメニティ

お風呂は割と一般的なサイズ、18階に宿泊していたんですが、シャワーはかなり水圧強めでした。アメニティはかなり好みがあると思うんですが、僕は若い人向けの香りがとっても気に入ってました。ボトルがかわいい。

最後に